体験レッスン後、返事が来ない理由

 
 
「体験レッスン後に返事が来ない」
 
そう悩まれる先生はたくさんいます。実際私もそのように悩みました。
 
「もしかして、内容が良かったんじゃないか」「嫌われてしまったんじゃないか」「他にもっといい所があったのではないか」
 
そんな風に悩んでしまうものです。
 
特に体験レッスン時の反応が良かった時、連絡がないとまるで地獄の業火に焼かれるように苦しい思いをします。
 
そこで、私は自分の教室用に体験レッスン後のフォローアップの仕組みを作りました。
 
その時に作った文章を「3つの仕組みであなたの教室集客が回る」という電子書籍にまとめました。
 
この書籍の内容をそのまま使って送った先生からのメッセージをいただきました。
 
 
===ここから===

体験をされた方から下記文をLINEでDMで送ったところ また体験したいと連絡がありました。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(内容は割愛)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
体験は3回やってもらった方で体験のレッスンも満足してもらっている様子でした。なんで入会しなかったのだろうと不思議でしたが

他の習い事で試合がある為 忙しくタイミングが合わず悩んでいたようでした。

レッスンの内容もとても良かったと言ってくれていたお客様だったので送ってみて正解でした。

ただやはり入会を検討されていて、体験から1ヶ月空いてしまったのでその間は 僕自身なんで入会しないのか悩んでしまい どうしてだろうとずーっと考えていました。

僕もお客様も悩んでいたと言う事が分かり、びっくりしました。

 
今回の件で一つきずいた事は 体験にきたという事はなんかしらの興味やニーズがあり来てくれていて タイミングがあわず 入会できなかった事により、 お互いのすれ違いが起きているよな感じでした。 何度かやりとりをしないと お互いに何を考えているのかが掴めないので
こちらから柔らかくアプローチすることは必要だと感じました。

鈴木先生の書籍の文をそのまま送ってみて正解でした。ありがとうございます。

====ここまで====

どうでしょう? きちんとホームページやブログでノウハウに基づき情報発信をしていて、そして体験レッスンの内容も良かった、でも入会しないという場合、その多くはタイミングの問題であることが多いのです。

あなたの教室が良くないから入会しないのではなく、タイミングが合わないから入会しないのです。

だから、「自分は良くないのではないか?」とネガティブに考える必要はありません。必要なのは、「その時(タイミング)が来た時に、きちんと思い出してもらえること」。

それさえできればあなたの教室に来てくれるでしょう(もしできていなければ他の教室に行く可能性もありますが・・・)。

そして、忘れられないために最も重要な手段とは、「ニュースレターを送ること」です。まずは騙されたと思って、体験レッスンに来てくれた方にニュースレターを送り続けてみてください。

 

ニュースレターの作り方・活用法に関しては電子書籍「ニュースレターの活用法」をご参照ください。