記事検索:


以下のツリーに返信
よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/01 (金) 11:49  
よろしくお願いいたします<m(__)m>


何かやりたいと思っている人が
一歩踏み出し
日常がより楽しくなる
心の平安を感じる時間が多くなる

そんなふうになると思います。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/02 (土) 14:23  
ありがとうございます。
でも少しフワッとしているので、もっと具体的に言葉にしてみてください。

「あ、これ私のこと言っている!」と読んだ人に思ってもらえるような言葉を使ってくださいね。

よろしくお願い致します!

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/02 (土) 22:17  
こんばんは。
ありがとうございます。

具体的に書いてみました。

★どんな人
アロマやタッチケアなどに
興味をもっていて、自分で本などを読みながら
やってみたりしてしていてる。学ぶとなると実際、宝の持ち腐れにならないかな。とか難しいかな。とかいろいろな考えが浮かんではいるものの機会があれば積極的に学んでみたいなと思っている人。

★どうなるか?
私の教室でまなぶことによって
実際に自分が興味を持っていたことが
日常の中でこんなに役に立てるんだと実感していただける機会がたくさんできて、
今までの生活に変化ができてくることで楽しくなり、学んでよかったと実感してもらえる。
またアロマやタッチケアを通して、人との関係も見つめていく機会が多くなることにより 心の平安を感じる時間が多くなっていく。


以上です。
よろしくおねがいいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/03 (日) 17:00  
ありがとうございます。
より具体的に見えてきました。

では、先生の「強み」について教えてください。書けるだけ書き出してみてくださいね!

宜しくお願い致します!

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/04 (月) 00:10  
・その人の知識や経験などに合わせて教えることができる。

・一人一人個別にも対応できる

・ある程度ご希望に合わせた日程でも
開催をすることができる。

・どんなふうになりたいとか、何か特別目的がある方にはそれに合わせてこちらで出来ることを提案はするが、もし、私じゃない方がいいなと思った場合はお断りをし、知り合いの方をご紹介したり他の提案をすることもできる。


以上です。

よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/04 (月) 11:59  
ありがとうございます。
もう少し突っ込んでお聞きしますね。

「なぜ、他にもいろいろな同業者がいる中で、私はkafuuさんから習わないといけないの?」

この問いに対する答えを教えてください。

宜しくお願い致します。

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/04 (月) 22:11  
私自身、学ぶことが好きで
たくさんの資格を取得してきたけど

実際、本当に学びたいと思ったものなのか?
実際資格を取得して役に立つのか?
と思うものもあり、
宝の持ち腐れになってしまっているものもあります。

そんなことから
資格について自分でいろいろ深めてきたところがあり、それにより実践的なことを大切にしています。

なので
単に資格を取得をとることが目的ではなくて、
実生活で役に立てるというところを目的をしています。

必要なところは資格取得講座でまなんでいただき、
あとは補助的な講座や他の講座と組み合わせたりなど、その方の希望によって教えていくことができます。

だからと言って日常で利用するからとか、
家族に利用するから。という理由で
内容は簡単な初心者向けだけです。
ということはなく、

資格取得にこだわらなくても
実践的で日常に役立つ
しっかりした内容です。

それとともにお茶をのみに来るような感覚で必要な時に必要なことを楽しみながらいつでも学びにきていただける環境がある
(ここはこれから整えていくところです。)


以上です。
よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/05 (火) 09:18  
ありがとうございます。^^
だんだん気持ちが伝わってきました。

では、今回出していただいたような内容を聞いて、「それならぜひ行ってみたい!」という方、先生にとっての理想の生徒さんという存在はどういう方でしょうか?

宜しくお願い致します。

        Re:よろしくお願いいたします。  KAFUU2017/12/05 (火) 13:48  
理想の生徒さんという存在は

・日常って大切なんだな。と思う方や、日常を大切にすることに興味がある方

・家族や身近な方たちが健康で楽しく
生活していくために自分ができることを学んでいき、家庭や身近なとろでプロフェッショナルに提供していきたいと思っている方。

・人間関係やコミュニケーションに興味がある方。


です。

よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/05 (火) 14:21  
ありがとうございます。

では、

・日常って大切なんだな。と思う方や、日常を大切にすることに興味がある方

・家族や身近な方たちが健康で楽しく
生活していくために自分ができることを学んでいき、家庭や身近なとろでプロフェッショナルに提供していきたいと思っている方。

・人間関係やコミュニケーションに興味がある方。


こういう人たちがアロマやタッチケアに関心を持つタイミングというのはどういう時でしょうか? どういう時にそれらの存在に触れ、より深く学びたいと思うものなのでしょうか?

        Re:よろしくお願いいたします。  KAFUU2017/12/05 (火) 14:23  
もう一つありました。

・ちょっと自信がなかったり、不安に思うところがあるけれど学んでいきたい気持ちは強い方。

        Re:よろしくお願いいたします。  KAFUU2017/12/05 (火) 16:37  
・自分や家族、身近な人が健康でいられるために自分ができることを必要と考えたり、必要としていたりして、学びたいと思っているとき


・ミニセミナーや講座などで学んだことがあったり、TVなどで見たり聞いたりして知っており、その時のお話や、体感がとてもよかった。でも学んでみたいが敷居が高いのかな?と思っているとき


・自分の為に何か学びたい。でもそれが人の役に立つんだったらもっといいな。と思っているとき


・自分や家族、身近な人たちとの人間関係やコミュニケーションに役立つもので自分ができるものを必要としているとき


・自然療法やセルフケアに興味があり本などを読みながら行ってきたが、それに限界を感じていたり、独学では学べないものを探しているとき

・日常が忙しくて、このままでいいのかな?
と思っているとき


以上です。
よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/06 (水) 10:45  
ありがとうございます。

話を進める前にひとつお話したいことがあります。それは、同じサービスでも「売りやすい時」と「売りにくい時」があるということです。同じアロマというものを提供していても、そうなることがあるのです。

より具体的に言うと、「売りにくい」のは「予防」が前面に出されている場合です。そして「売りやすい」のは今すぐ取りたい痛みを取り除く時。

集客を考える上で効果的なのは、「痛みを取り除いた」後で、「予防」を売っていくことです。「予防」を最初から売るのはとても難しいのです。


その観点から見ると、現在出していただいているのは「予防」的なもので、「痛み」を取り除くものではありません。そこで、どういう「痛み」を持っている人がアロマを習いたいと思うのか、考えてみてください。


なお、こういう風に書くと勘違いされる方がいるので書かせていただきますが、見込生徒さんの「痛みを知る」ということは、より深く相手を理解するということです。そして、相手を深く知ることがどういう風に自分の技術を相手の役に立たせるかを気づかせてくれます。

集客が難しいという場合、この見込み客と自分の技術(スキル)・知識をつなげられていないということが問題であることが多いのです。

だから、そこを考えてみてほしくて今回の課題を出させていただきました。

よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/06 (水) 23:37  
ありがとうございます。

いままで、
「体感してもらうと納得していただける。」
と思ってはいるものの、
痛みのない方にそれを求めていたところがあったように感じています。



どういう「痛み」を持っている人がアロマを習いたいと思うのか?ですが


・病院に行っても原因がわからない不調による心と体の痛み、

・病院に行くほどでもないが不調がある、いわゆる不定愁訴による心と体の痛み

・薬をこのまま飲み続けることに不安があり他の方法も取り入れてみたいと思っている心と体の痛み

・生理痛、頭痛、ホルモンバランス、自律神経失調症、肩こり、不妊、心の不安感、アレルギー、更年期障害、人間関係、などでの心と体の痛みなど

以上です。
よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/07 (木) 12:03  
ありがとうございます。

では、そういう人が先生の教室に来ると、「どういう結果を得られる(どういう風になれる)」のでしょうか?

それを教えてください。
よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/07 (木) 14:37  
どういう結果を得られる(どういう風になれる)か?


改善がみられることで心と体が軽くなり
日常生活が楽で楽しくなる。自分の体や感じ方、考え方にも興味をもちはじめる

改善されなくても話をちゃんと聞いて受け入れてもらえたことで安心感や信頼感ができ、少しずつでも改善していけるたら。と希望をもってもらえる。

以上です。
よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/08 (金) 09:31  
ありがとうございます。

では、次の課題に行きましょう。

「地域名 アロマ(教室)」で検索し、1ページ目に出ている教室のHP・ブログを見て、その教室のウリ・特徴を書き出してみてください。

それができたらここで教えてください。
宜しくお願い致します。 

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/08 (金) 18:11  
その教室のウリ・特徴です。


・子連れOK

・女性のためのアロマ

・ママのためのアロマ

・ストレス軽減のためのアロマ

・大手協会のフランチャイズ

・出張講座

・近県にフランチャイズを展開

・近県で唯一の資格を取得できる

・大手の資格取得からアロマクラフト作りまで
多種多様に対応している

・プロを目指す方~自分で楽しむ方まで選択肢がある

・香水つくり

・フリータイム制

・無料説明会、体験講座がある

・ハーブやトリートメント、石鹸など他の関連の資格も取得できる。

・開業までのサポート

・合格率が高い

・一生使えるスキルを身に付ける

・プライベートレッスンを行っている

・月一でミニアロマ講座を行っている

・プロフェッショナルを目指す方を養成

・薬剤師が教える

・受講生が使えるレンタルサロンがある

・サロン併設

・オーガニックにこだわる

・実践活動の相談にのる

・自宅サロン

・プライベートレッスン

・医療、介護、ボランティアなどに利用

・アロマとハーブ、漢方などとの組み合わせてのミニ講座やセルフケア講座

・使える資格を教えていく

・女性の転換期におけるアロマ

・立地がいい(駅から近い)

・開業のための講座などで独立までしっかりフォロー

・卒業後もフォロー

・取得できる資格の数がとても多い

・店舗を構えそこで精油、ハーブほか関連商品も購入できる

・いろんなテーマでミニアロマ講座

以上です。
よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/09 (土) 15:10  
たくさんありがとうございます。
ではそれらの教室にはなくて、kafuu さんにあるものはなんでしょうか? そこに行っても満たされないもので、先生の教室であれば満たされるものとは?

鈴木貴之

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/09 (土) 23:27  
私の教室であれば満たされるものは

①体調や心に対する悩みに対してしっかりと改善を目指していくアロマ資格が学べる。
(薬理作用からだけはない、お一人お一人のそれぞれ違う体質に対応したアプローチができるため)

②今までになかった新しいアロマの使い方のほかに生活全般に関するトータルなアドバイスができる方法が学べる

③シンプルなので、アロマの知識がある人はある人なりの使い方ができるし、アロマが初めての方は、アロマの基本的な事は学んでいきますが、豊富な知識を持っていなくても、改善がみられるアプローチをしていくことができる。

※①~③までの入門的な部分を私の教室で学ぶことができます。実際は使えるようになるにはその上の資格取得講座の受講が必要となります。


・精油メーカー直接関連のある団体ではないため精油を扱う上で本当に知っておいた方がいい大切な事を客観的に学べる


以上です。
よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/10 (日) 13:47  
入門的な部分ということは、初心者向けの教室ということでしょうか? 将来的には先生の教室でも資格取得できるようになりますか?

精油メーカーの話はいいですね。メーカーじゃないから、本当に良いものを紹介できるというのは良い内容です。

精油メーカーと関連のある教室って、結構あるのでしょうか?

        Re:よろしくお願いいたします。  Kafuu2017/12/10 (日) 15:57  
よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/11 (月) 11:33  
ありがとうございます。

精油メーカーとアロマ教室の関係性というのは集客する上において面白いなと思います。


では次の課題です。

先生の教室の価格帯は、地域の競合の教室の価格帯と比べ、どうでしょうか?

高い・同じくらい・低いなど、教えてください。

宜しくお願い致します。

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/11 (月) 13:55  
近県で同じことを教えている教室はないのですが
全体的にみて入門的なアロマを教えている方と比較すると同じくらいかと思います。


よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/12 (火) 08:42  
ありがとうございます。
平均的なのですね。それが一番売りにくい価格帯です。

ちなみに相場はいくらくらいなのでしょうか?

        Re:よろしくお願いいたします。  Kafuu2017/12/12 (火) 10:03  
よろしくおねがいいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/12 (火) 11:11  
ありがとうございます。(^^)

では、これは頭の体操なのですが、相場の1.5倍の価格をつけるとしたら、どんな違いを打ち出しますか?

これは実際そうしてくださいということではなく、普段考えないようなことを考えることでいつもと違う発想を引き出すための質問となります。

よろしくお願い致します。

        Re:よろしくお願いいたします。  Kafuu2017/12/12 (火) 14:08  
講座で学んだ精油がセットになって
その精油に関して、それらの精油の一般的なアロマの知識と日常で使えるクラフト作りなど使い方を学ぶ講座付

入門上位資格では学べない、一般的なアロマテラピーの知識で上位資格取得後にも役立つ講座付

上位講座受講後にタッチケアを使いながらのアレンジ方法も教えるタッチケア講座付

簡易タイプの診断ができるアロマ初心者の方にも使い易いタイプのブレンドオイル付

初心者の方のための
じっくり学べて上位講座に不安なく行ける
通常コースより時間拡大のコース

その時の体質に合わせて使える
自分が好きな香りで数種の香水を作るコース付



考えるといろいろありそうですが
いまのところはこれぐらいです。
よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/13 (水) 09:24  
良いですね~。

例えば今出していただいた中で、講師としての先生の負担が少ないものはありませんか? 

負担は少ないのに価値が高く感じられる講座があると申込されやすくなります。そしてそういう講座をたくさん持つことが差別化になります。

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/13 (水) 11:08  
ありがとうございます

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/13 (水) 13:17  
良いですね!
ぜひより内容を練ってみてください。


では次の課題です。

先生のアロマとかかわるストーリーを教えてください。

まずは

「アロマとの出会い」

そして

「教室を開い見ようと思った理由」

をお願いします!

        Re:よろしくお願いいたします。  Kafuu2017/12/13 (水) 23:28  
ありがとうございます。
やってみます。

アロマとの出会いは
本屋で見つけた一冊の本です。

その本でアロマテラピーというものを
初めて知りました。

当時、本格的なアロマを学ぶには
海外に行かなければならない時代。

その人が海外でアロマセラピストになるまで、
そしてその後日本ではじめたサロンの話、
アロマの使い方などについて書かれた本でした。

精油、キャリアオイル、トリートメント、リフレクソロジーなどによって
自分や、クライアントさんの体が変化していく様子なども紹介していて、
植物の力でここまで体を変化させることができるのか。という衝撃
そして、これがやりたい!という思いでいっぱいになったのを覚えています。

小さい時から家庭で南天の実、どくだみ、オウレン、オオバコなどの植物を利用しての民間療法も身近にあり、夏休みの宿題に薬草研究もしたことのある私でしたが、ある日病院で治らなかったものが植物の力で瞬く間に改善したのを目の当たりにしたときが衝撃で
植物には薬とは違った何かがあるのかも。と感じたことを覚えています。
そんな私にとって
アロマはとても惹かれる分野で
スクールなどが無い時代、本を読みながらの独学でどんどんアロマの世界に夢中になっていきました。





教室を開いて見ようと思ったのは

(以前も行っていたことがありますが、今現在の教室としては。というところで書きました。)

あるアロマ関連の講座に参加したときに
アロマに興味があるけど、学んだことはない。という人が意外と多かったことからでした。

アロマテラピーという言葉は既に多くの人が知っている言葉ですが
アロマの知識もすでに多くの人が学んだり、本などで読んでみんな知ってる人が多いものだと私は勘違いしていたことに気が付きました。

アロマを使うには日本では「自己責任」という言葉が付いてきます。
ただ、何も知識のない人に「自己責任で使用してください」というのもちょっと酷な話かなとずっと思っていて


アロマを使うのであれば
正しい正しくないではなくて
自分の持っている知識で
自分が必要としている精油(メーカーも含め)が
ちゃんと選択できる最低ラインの知識を身に付けること。が必要で
教えるのを通してそれを発信していきたいな。と思っていたのです。

それが私がいま教えている講座を学んだ時に
そのあたりもちゃんと教えていける講座だ。
と確信できたこと。
そこにプラスして初心者の方でも今までよりももっとシンプルにアロマというものを使って自分の心と体を整えていくことができる。
と夢が広がりこれを伝えていきたいということから教室を開きました。


よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/14 (木) 18:20  
良いですね〜。
とても良いストーリーです。

次は「教室を開いてからあった飛び上がるほど嬉しかった出来事」を教えてください。

よろしくお願い致します。

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/14 (木) 22:22  
ありがとうございます。

飛び上がるほど
となると
あったかな~(笑)と考えてしまいますが

「すごく面白かった。ますます興味が湧いて、早く自分でできるようになりたいです!」と言われる時が一番うれしいです。

よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/15 (金) 09:39  
ありがとうございます。

ストーリーなので、もうちょっと詳細があると良いのですが・・・。before/afterもいれてお話しいただけないでしょうか?

        Re:よろしくお願いいたします。  Kafuu2017/12/15 (金) 13:38  
そうでした!
ストーリーでしたね(*^^)




自分がこのアロマをやっていて
一番感じていることが

「すごく大それた特別なことをしなくても
日ごろの何気ない変化をきちんと把握して
修正してくことで自分や周りの人たちの心と体の安定につながっていくことができる」

ということです。

ただ不安になったり
ただ情報に振り回されるのではなく、
きちんと的確に今を把握して、
必要があることをしていく。

そんなこともあり

「学んで自分で使っていける人が増えていけばいいな」と思っています。

だからと言って
私は絶対学ぶべき!!と強要することはないです。その人それぞれのバランスもあるし、考え方もあるので、学びたいと思ったら学んで欲しいと思ってます

ただ、学ぶのであれば
日常で宝の持ち腐れにならないように、
楽しみながら使えるように。
そんなことを思いながら、内容をお伝えしていて、しっかりとベースとなる部分を身に付けて上位資格まで学んで欲しいと思って講座を行っています。

そんなことより

知名度がまだないこともあり、
知らない方が多いので

「知ってる」と言われるだけでも
とてもうれしいのですが、

いろんなご縁があり
学びにいらっしゃる方がいて

「すごく面白かった。ますます興味が湧いて、早く自分でできるようになりたいです!」

と言われると
本当にうれしくなります。



以上です。
よろしくお願いいたします。

        修正版です。  Kafuu2017/12/15 (金) 14:27  
before/afterを入れるのをわすれてしまいました。

修正しようと思ったのですが
修正パスワードがわからなくなってしまったので再投稿いたします。
こちらが修正版です

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/15 (金) 14:32  
おおー、先生の思いが伝わる文章になりました! そういう想いを持っている先生から学びたい、そういう人って結構多いと思うんですよ。だから、そういうことをことあるごとに伝えるって、とても大事です。ありがとうございます。


では次は、「教室に来る前/来た後」での生徒さんのbefore/afterのストーリーはありますか? 

例えば、最近来てくれた生徒さんで、とても喜んで帰ってくれた方がいるとします。その方は何と言っていましたか? どういう悩みを抱えていて、教室で先生からアロマを学ぶことでそれがどうなったといっていましたか?


宜しくお願い致します。

        Re:よろしくお願いいたします。  Kafuu2017/12/15 (金) 17:30  
 
今のところは小さいところですが

よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/16 (土) 13:40  
ありがとうございます。
afterのところが少し弱い感じがするのですが、「受けた回数がNO1になった方」はその結果どうなりましたか?

また、後者の方は自分の意見を積極的に言えるようになったのでしょうか?

よろしくお願い致します。

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/16 (土) 17:25  
たしかに先生がおっしゃるとうりです。

そんなに大きなトラブルがあっていらした方々ではないので、おそらく、今後自分でできるようになってもっと変化が出てくるだろうな。と思っています。なのであまり、インパクトのあるストーリーにはならないかもしれません(*^^)


「受けた回数がNO1になった方」はその結果どうなりましたか?
アロマを生活の中にどんどん取り入れるようになっていってます。体質から気に入ったことをやり過ぎる傾向があるということがわかり、自分でそこを意識し始めたようです。
実はそんなところがあると自分でもうすうすわかっていたのですが、学ぶことでその癖が強いことが改めてよくわかったようです。


・自分の意見を積極的に言えるようになったのでしょうか?

自分にそんなところがあると認識しはじめたところで、
アドバイスに基づいてアロマを使いながら
実践していこうとしているところです。


よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/18 (月) 09:40  
ありがとうございます。^^

では、次の課題です。

理想の生徒さんと自分の間には何か「共通点」はございますか?

同じところ、生徒さんが共感を感じるようなところがあれば教えてください。

宜しくお願い致します。

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/18 (月) 18:01  
同じところ、生徒さんが共感を感じるようなところですが、
教えている講座に関してということで
いいのでしょうか?

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/20 (水) 11:22  
ありがとうございます。

でも、私の言葉足らずでした。

先生自身と、ということです。
教えている人に親近感や共感を持ってもらえると生徒さんになってもらいやすいのです。

例えば、犬好きの人が「犬が好きな人に悪い人はいない」と思うのと同じです。

理想の生徒さんとの間にそういうところはありませんでしょうか?

        Re:よろしくお願いいたします。  Kafuu2017/12/20 (水) 20:07  
ありがとうございます。
そうでしたか(笑)

それであれば

自分や周りの人の健康のために
ただ不安になるのではなく、
いま自分でできることはしていきたいとおもっていること



です。

よろしくお願いします

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/21 (木) 09:50  
ありがとうございます。

では、今までのやり取りを材料として、テキスト「教室集客の為のブログ活用法」の中にある「最重要記事」の作成をお願いいたします。

完成したらそのURLを新規スレッドをたてて、タイトルを「最重要記事」にして教えてください。

よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  kafuu2017/12/21 (木) 18:50  
ありがとうございます。
承知いたしました。
完成しましたらスレッドたてます。
よろしくお願いいたします。

        Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之2017/12/22 (金) 10:57  
頑張ってくださいね~!!
=メール  =ホームページ

 

[返信用フォーム] 上記の記事に返信するときには以下のフォームに記入してください。
タイトル
投稿者ニックネーム
E-Mail
URL
変更用パスワード
コメント

E-Mail、URLを公開したくない場合は記入しないでください。
変更用パスワードは投稿後に記事を変更するためのものです。お好きな文字を入力してください。
は必須項目