記事検索:


記事個別表示
 Re:アクセスを集める記事  鈴木貴之      2018/02/20 (火) 19:16      [返信]
こんばんは!

早速拝見しますね!

文字が抜けているところを発見しました。

「サードメディスン、

チェクをして (← ここ! チェック、でしょうか)

バランスとっていくことはもちろん大事ですが」


内容的にはOKです。でもタイトルがどうしても「硬い」ので、このあたりを工夫していくと良いですね。

(サードメディスン」のキーワードは十分なので、違うキーワードを入れると良いということでもあります)

例えば、

「うだうだ考えたり

自分の体のしんどいのをそのままにしたりして

自ら複雑な迷路に入っていくことはせず」

とおっしゃっているので、冒頭で「こういう問題はありませんか?」と伝え、「え? あるある」と思ってもらってから、「そのせいでこんな問題が起きていませんか?」とつなげ、そこから解決策としてのサードメディスンの話をするのです。


世の中には「サードメディスンやりたい!」という人もいるでしょうが、数としては少なく、それよりも「自分の問題を何とかしたい」と思っていながらも解決策がないという人は多いのです。

こういう人たちにいきなりサードメディスンの話をしても自分でいっぱいいっぱいで話を聞いてくれません。

でも、最初から「自分の問題」が話されていたら、「ん?」と思って読んでくれるのです。


今回の記事はこのままでいいので、同じ内容を「悩み解決」の視点から書いてみてくださいね。練習になりますよ!


> カフェでワンクッション置く形があると
> お互いがよく理解しやすいし、
> 直接お話ししたほうが伝わりやすいですね。
> 入門講座に直接いらっしゃる方だと
> メールでのやりとりのような
> 微妙に伝わらなかったりするもどかしさが
> あまりなくて楽ですね♪

これ、素晴らしい気づきです!!

多くの人が1ステップでいきなり講座を売ろうとするので、集客が難しくなるのです。見込生徒さんがそこまで準備ができていないからです。

そうじゃなく、例えばメルマガ→入門カフェ→本講座という「流れ」を作ればより良くなりますよ! 

「入門カフェ」でも十分引っ張れますが、より多くの人を集めたいのであればメルマガも考えてみてください。

サードメディスン7日間メールセミナー

なんていいかもしれませんね。
=メール  =ホームページ