記事検索:


記事個別表示
 Re:最重要記事  鈴木貴之      2018/01/14 (日) 13:29      [返信]
こんにちは!

> 理想の生徒さんに合わせて内容も変えていけば
いいのですね。

そうです。良いところに気がつきましたね。
自分の売りたいものを売るんじゃなく、自分の知識やスキルを相手の欲しいものに変えて売るのです。

ほとんどの先生は「自分が欲しいもの」「自分が良いと思うもの」を売るから売るのが辛くなるのです。

先生が売っているものって形がないので、相手に合わせやすいんですよ。でも、そうしないから生徒さんが来ないのです。そして悩むわけです。。。


> 入門カフェというのは
単純に入門講座を受けたいという方の説明と体験ということで作ったものだったので、入門という名前をいれていたのですが、

> 理想の生徒さんが入門カフェに来る目的は、また違ってくるような気がするのですが、そうなると入門カフェという名前も別の名前に変えた方がいいのでしょうか?

これは集客を大きな流れで考えてください。最終的には本講座を買ってもらう事でその人の人生が豊かになるという人がいます。でも、本講座は値段が高いので、一歩踏み出せないでいます。でも、先生のことを知ってもらい、関係性ができ、そしてサードメディスンに対しての知識が増えれば、その価格は出してもいい金額となります。

この「一歩踏み出せない人」が「本講座を学ぶことで人生が豊かになる」最初の一歩が入門カフェだと。

もし理想の生徒さんの目的が大きく別れるというのであれば、入門カフェの内容を◯◯編、◯◯編みたいに変えても良いでしょう(どこでその人の心にひっかかるかわからないので、いろいろやってみるという意味合いもあります)。

要はどうすればより最大限の人数に入門カフェ(最初の一歩)に来てもらえるかというのが重要な質問になります。目的が異なるのであれば、目的ごとに特化した内容の入門カフェを作るのがベストです。

どう思われますか?
=メール  =ホームページ