記事検索:


記事個別表示
 Re:ミニ  鈴木貴之      2017/12/15 (金) 14:28      [返信]
集めたい層にアピールするには良いお話ですね。

親が結果主義だというのはその通りだと思います。ただ、その「結果」には千差万別あると思っています。

「結果」に対する啓蒙を保護者にしていない場合、親は自分が理解できるものでそれを決めます。一番わかりやすいのが大会での結果ですね。

これは上位層を集めていくには最も大事な部分でしょう。塾が合格発表を貼り出すのと同じです。

ただ、そのうえで内面の成長などを「結果」として受け入れてもらいたいというのであれば、そういう啓蒙を教室側でしなければなりません。

例えば、自分に自信のなかった子が卓球を一生懸命やることで上位に入賞できるようになり、全国大会にはいくところまではいかないけど、自分に自信が持てるようになり、なんにでもチャレンジするようになった。というのであれば、それは親が求める「結果」となります。

親は判断基準が先生・コーチよりないことが普通です。だから、それをきちんと伝えていく、啓蒙していくというのが大事だと私は思います。

「大会の結果」だけを結果とすれば、そこで全国大会に行けるのは2位以上しか行けないのであれば2人になります。すると、満足させられるのは2人だけとなります(しかも競合との戦いをしながら・・・)。これ、かなり厳しいと思うのです。

外的な結果としては大会での入賞、前億大会を目指しつつ、内面的な結果も同時に与えられるようになることが大事だと私は思います。

いかがでしょうか?
=メール  =ホームページ