記事検索:


記事個別表示
 Re:よろしくお願いいたします。  鈴木貴之      2017/12/06 (水) 10:45      [返信]
ありがとうございます。

話を進める前にひとつお話したいことがあります。それは、同じサービスでも「売りやすい時」と「売りにくい時」があるということです。同じアロマというものを提供していても、そうなることがあるのです。

より具体的に言うと、「売りにくい」のは「予防」が前面に出されている場合です。そして「売りやすい」のは今すぐ取りたい痛みを取り除く時。

集客を考える上で効果的なのは、「痛みを取り除いた」後で、「予防」を売っていくことです。「予防」を最初から売るのはとても難しいのです。


その観点から見ると、現在出していただいているのは「予防」的なもので、「痛み」を取り除くものではありません。そこで、どういう「痛み」を持っている人がアロマを習いたいと思うのか、考えてみてください。


なお、こういう風に書くと勘違いされる方がいるので書かせていただきますが、見込生徒さんの「痛みを知る」ということは、より深く相手を理解するということです。そして、相手を深く知ることがどういう風に自分の技術を相手の役に立たせるかを気づかせてくれます。

集客が難しいという場合、この見込み客と自分の技術(スキル)・知識をつなげられていないということが問題であることが多いのです。

だから、そこを考えてみてほしくて今回の課題を出させていただきました。

よろしくお願いいたします。
=メール  =ホームページ