2018/5/15

私の教室集客メルマガの開封率とクリック率を他の業種のそれと比較してみた。そしてそこから見えてきたこと。

こんな記事(2018年業種別メールの平均開封率レポート)を見つけたので、自分のメルマガの開封率を見てみようと思った。 でもその前に、業界平均としてどれくらいかが気になったので、まずはそこをチェックすることに。 上記のサイトによると、米国では最も少なくて、「広告・PR」が10.63%。 続きを読む
2018/5/15

体験レッスンに来て子供に「前の方が良かった」と言われた時にショックを受けた先生の話。

教室運営あるあるですが、体験レッスンに来てくれたのに入会しなさそうだとがっかりしますよね?体験レッスンは教室(先生)と見込生徒さんが出会う初めての場所。先生はみんな「良く思ってもらおう」としっかりと準備し、その場に臨むと思います。そして、実際体験レッスンを提供し・・・・・・お子様の感想が、 続きを読む
2018/5/14

失敗した時に「やっぱり」なんて言うやつは無視しよう。

こんにちは! 鈴木貴之です。 コンサルティングをしていると、「失敗すること」を非常に怖がっている... 続きを読む
2018/5/13

スキルを上げるために学び続けるのだったら、記事を書け!

私が提供しているコンサルティング型サービスは、「90日間集客ブログ作成プログラム」や「コンサルティングを提供します 他のサービスの継続を望まれる方へ」、「あなたが「見逃している幻の売上」を発見します」などがあります。 その中の前の二つのサービスでは、基本的にメールコンサルティングで、日祝を除いた一日に一回をベースに返信をしています。 つまり、質問したり作業の結果を連絡してくれればくれるほど「お得」なのですが、時々一週間ほど連絡が取れなくなることがあるのです。 不思議に思ったのでその理由を聞いてみると、 続きを読む
2018/5/12

個人の先生は「隠す」よりも「開示」した方が生徒を集客できる。

私の提供している生徒集客の教材の他と違うところは、「著者である私に教材の内容を質問できる権利がついている」というところです。 普通の著書であれば読んでそれで終わりです。ファンレターは出せますが、一人一人に合った内容でのアドバイスはしてくれないでしょう。 しかしながら、私の教材づくりのモットーは「そこからの学びを実践できること」です。「為になった」「良い話を聞いた」で終わってほしくないのです。 なぜなら、 続きを読む