2018/5/17

個人の先生が教室の月謝をクレジットカードで払ってもらえるようになる方法 一度設定してもらえばあとは毎月自動引き落としで楽

こんにちは! 鈴木貴之です。
 
今回の記事では個人の教室のクレジットカード決済についてお話をしたいと思います。
 
私は英会話教室を自分で運営していますが、5人に1人はクレジットカード決済で毎月の月謝を受け取っています。
 
これからお伝えする方法で行うクレジットカード決済の良さは、
 
① 現金で受け取る時の手間がかからない
 
② お金を持ち歩かなくてよい
 
③ だれが払ったから一目瞭然
 
④ 支払いの催促をしなくて済む
 
⑤ 生徒さんはクレジットカードの特典を受けられる
 
などの利点があります。それぞれをもう少し詳しく説明しますね。
 
 
① 現金で受け取る時の手間がかからない
 
これ、特に個人で(一人で)教室を運営している先生にとってのメリットは大きいです。
 
現金で受け取ると、どうしてもそれを数えたり、領収証を発行したりする必要があります。また、月謝の設定が9980円とかだとおつりの準備も必要ですし、小銭がジャラジャラたまってしまいますね。
 
これだとレッスン時間とは別にお金を受け取る為の時間を確保しないといけません。それは先生にとってのエクストラの時間なので、お金を受け取る為にお金を生まない時間を作るということをしないといけません。これって無駄なんですね。
 
クレジットカード払いになればこの手間が省けます。
 
 
② お金を持ち歩かなくてよい
 
自宅教室であればそんなに気にすることもないかもしれませんが、教室を他に持っている場合、夜道に女性が一人で歩くなどとなれば少し怖いですよね。
 
いつ頃集金するか分かっている人から見れば、その時にお金を持っているかどうかは分かるわけですから。
 
 
 
③ だれが払ったか一目瞭然
 
現金払いで怖いのが「誰が払ったか分からなくなってしまうこと」。
 
私は現金での月謝の受け取り時には必ず領収証を発行していますし、また別途自分で分かるようにしるしをつけています。
 
でも、生徒さんの中には「領収証はいらないですよ」という人もいるので、ついついそれに甘えて領収証を出さないこともあるかもしれません。
 
また、以前他の先生に聞いたのですが、月謝袋でだけ管理していたら、受け取りのハンコを勝手に保護者に押されていた、ということがあったそうです。ハンコが市販のものであればだれでも真似できますので、こういうこともできてしまうんですね。
 
 
でもクレジットカード払いにしておくと「誰が払った」「誰が払っていない」は一目瞭然です。特に今回ご紹介する方法であれば、お支払いがあるたびにメールで連絡が来ますし、またサイトにログインすれば履歴が表示されます。
 
これ、すごく便利です。
 
 
 
 
 
 
④ 支払いの催促をしなくて済む
 
現金派の先生の一番の悩みどころがここかもしれません。
 
生徒さんの中には故意もしくは意識せずに月謝の期日を守らない人がいます。少しの期間であれば黙っていてもいいかもしれませんが、期日より2週間も3週間も遅かったりすることがあります。ひどい時には6ヵ月未納という人も・・・・・・。
 
でも、お金を催促するのが嫌だという先生もいるでしょう。
 
クレジットカード払いであればそういうことはしなくても済みます。自動で引落になるからです。
 
ただ、クレジットカードの期限が切れると引き落としができなくなります。そういう時はサイトから連絡が来ますので、その旨を伝え、そして新しいクレジットカードの登録をお願いすればいいのです。
 
現金をお願いするよりも心理的ハードルが低く済みますよ!
 
 
⑤ 生徒さんはクレジットカードの特典を受けられる
 
これは生徒さん側の利点ですが、クレジットカードは使った金額に応じてポイントが付くことが多いのです。
 
このポイントを得るためにできるだけクレジットカード払いをしたいという生徒さんがいます。ほとんどの個人の教室では受け付けていませんので、「クレジットカード払いができる教室」がウリになるかもしれません。
 
 
このカードは使えば使うほどTポイントがたまってお得
 
 
 

個人の教室の先生がクレジットカード払いを毎月自動で受け取るには?

 
 
私のおすすめは、Paypalです。
 
PaypalはPCでもスマホでも使いやすいのが特徴。そこで、ここではPaypalを使った自動払いの方法についてお伝えしていきます。
 
 
 
2) 次にPaypalにログインし、上部タグの中から「ツール」を選択し、プルダウンの中から「すべてのツール」を選択。
 
 
 
) 次に出てくる画面の中から、「定期支払」をクリック。
 
 
 
4) 「定期支払ダッシュボード」の画面が表示されるので、右側にある「[購読]ボタンの作成」をクリック。
 
 
 
5) 下の画面が出てくるので、「商品名」と「通貨」を設定する(通常は「JPY(日本円)」。
 
 
 
 
6) 次に「ボタンをカスタマイズする」の中から「価格およびオプションのドロップダウンメニューの追加」を設定する。
 
 
 
月謝が違うクラスごとに分けて入力しましょう。そして「完了」をクリック。
 
ドロップダウンメニューを追加する」「テキストフィールドを追加する」は必要ないでしょう。
 
 
6) 次に、もし「お試し期間」がある場合は「試用期間を用意するお客さま」をクリックし、内容を設定。
 
 
 
試用期間の請求額」にはお試し期間の金額、「試用期間を定義する」では期間を設定しましょう。
 
請求サイクルを何回で終了しますか。」は教室の月謝の場合は通常設定しなくても良いでしょう。
 
そして、「ボタンを作成」で完成です。
 
 
7) コードをコピーし、任意のページに貼りましょう。そして、そのページを保護者に案内するようにしましょう。
 
 
例えば、今回作ったボタンはこのような感じになります。
 
 
 
※ 間違って手続きしないでくださいね! 投げ銭としてもらっちゃいますよ!!
 
 
【注意事項】
 
Paypalの購読ボタンは毎月最初に支払いを設定した日から1ヶ月ごとに引落となります。
 
その為、もし一定の日で引落をまとめたい、という場合は、その日に設定してもらうようにしましょう。
 
 

Paypalでのクレジットカード自動引き落としをキャンセルする方法

 
 
① 「トップページ」 → 上のメニューから「ツール」 → プルダウンメニューから「すべてのツール」を選択。
 
② 次のページで「定期支払い」をクリック。
 
③ 下記の画面の「顧客」のリストにある顧客名の左のボックスをクリックし、「キャンセル」をクリックしましょう。その後は画面に従えばキャンセル終了です。
 
 
どんなに頑張っても生徒の退会はあります。その時は生徒さんにキャンセルをお願いするより、自分でキャンセルした方が手間がかかりません(教える方が難しい)。
 
 
以上、個人の先生の為のクレジットカード自動支払い手続き紙面講座でした!!
 
 
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

 
 
 
 
 
 
記事の内容などで質問のある方は、下の画像をクリックしてLINEからご連絡ください!
友だち追加

パソコンで見ている方は下記のQRコードを読み取り、ご連絡ください。



個人の先生の為の集客支援団体「塩釜プライベートティーチャーズ協会」
営業時間:9時から21時(火曜日定休)
〒985-0026 宮城県塩釜市旭町17-7-206  
090-6686-4443
【10日間メールセミナー】新規入会を断らなければならい程生徒が集まる為の10の集客ツールへの登録はこちらから
サービス・有料教材一覧
電子書籍「理想の生徒の集め方」
教室集客の考え方
クライアントさんのご感想
・電話でのお問合せ 090-6686-4443


・教室集客に関する悩み・ちょっとした相談事はLINEから。

友だち追加

 


英会話教室、英語教室、学習塾、ヨガ教室、空手教室、体操教室、音楽教室、書道教室、リトミック教室、パン教室、フラワーケーキ教室、キャンドル教室、アロマテラピー教室、デカルコマニー教室、サンドペインティング教室、いけばな教室の先生にご利用いただいております。
他にも社労士、フィナンシャルプランナー、整体院の先生、コーチングのコーチ、カフェのオーナー、美容院、清掃業者からも集客相談を受けています。