教室集客に効く!賢人の言葉②クリス・エバート
  
 この記事は「教室集客に効く!賢人の言葉」シリーズのひとつです(前回の賢人の言葉はこちらから)。
 
 世界中のたくさんの賢人の言葉から、特に「個人の先生の生徒集客に活用できるもの」を選び、紹介しています。
 
 今回の賢人は、Chris Evert氏。全仏オープン女子シングルス「7勝」の大会優勝最多記録保持者。
 
"You never win a match with millions of people watching on TV. You win the match by what you do alone, out of sight, early mornings, doing things consistently that you don't feel like doing at all."
 
「あなたは何百万の人々がテレビで見ている試合で勝つのではない。あなたは早朝の誰も見ていないところでひとりで行う、少しもやりたいとは思えないことを確実にこなしていくことで試合に勝つのだ」
 
 教室集客とは孤独との戦いともいえるでしょう。そして、やりたくない事との戦いです。
 
 先生であれば、やりたいこととは自分の好きなこと・得意なことを教えることです。それだけをできたらどれだけハッピーでいられるでしょうか。
 
 しかし、教室集客とは泥臭いことが多いのです。
 
 チラシをつくり、寒い冬の木枯らしの中(もしくは炎天下の中)一件一件思いを込めてチラシを撒いたのに、反応は数千枚に一件だったり・・・・・・。
 
 一生懸命毎日ブログを更新しても、一件も問い合わせが来なかったり・・・・・・。
 
 思い切ってミニコミ誌に広告を出してみたのに、反応がほとんどなかったり・・・・・・。
 
 それでも、結果が出るまで学び続け、やり続けなければならないのです。
 
 でも、それを生徒さんの前で誇ることはできません。生徒さんの前でできることは、あくまでも教えることとそれに付随することのみです。
 
 それこそ、誰も見ていないところで少しもやりたいとは思えないことを確実にこなしていくしかないのです。
 
 だからこそ、「仲間」という存在は大事だと思います。
 
 もし、あなたの近くに「仲間」と呼べる人がいないのであれば・・・・・・ぜひ、この協会で仲間を見つけてください。または、私たちと一緒にやっていきましょう。^^
 
 あなたとの出会いを楽しみにしております。
 
 
 
↓ この記事へのコメント・質問はこちらから ↓