「何をやらないべきか」は「何をやるべきか」と同じくらい教室集客にとって重要
 
 先生たちと教室集客について話をしている中で、ひとつの共通点を発見しました。
 
 それは、先生が勉強していればしているほど陥る罠のようなものです。
 
 世の中にはたくさん集客について書かれた本があります。またサービスがあります。勉強すればするほどやることがたくさん出てきます。
 
 また、今やインターネットで検索をすればそれこそ無数に、そして無料で教室集客の情報を発見することができます。
 
 先日、ブログでの集客をコーチングしている方からこういう質問を受けました(使用しているブログサービスはアメブロです)。
 
最近は、読者登録した方のブログチェック(全てを見ているわけではありませんが・・)やペタ返し、コメントなどの量が多くなってきたのですが、結構それに時間がかかるので何百件も登録されている方はどうやっているのかな・・と思っています。
 
 アメブロは教室集客にとても使える媒体です。実際、この方は2ヶ月ほどで今まで集客0のブログから3組も集客に成功しています。
 
 だから、ブログ集客は行った方がいいのですが、その中で「何をやるべき」で「何をやらないべき」かはとても重要な問題です。
 
 私の回答は、このようなモノでした。
 
すみません、細かく説明していませんでしたね。 ペタ、ペタ返しはしなくていいです。掛ける時間に対しての効果が非常に薄い為です。コメントは、明らかに営業コメントは無視してください。というより、削除してください。あるだけ邪魔です。

コメントも「これは!」という人だけに絞ってするとよいと思います。ただし、ちゃんとした人からのコメント返しは必須です。
 
 ネット上の一部の情報ではアメブロを使った集客の為に「ペタをしましょう・返しましょう」「コメントをどんどんしていきましょう」と伝えています。
 
 はっきり言います。これらは無駄です。そんな時間があれば、お子様や配偶者の方と時間を過ごされた方がものすごく有意義です。
 
 「教室集客の為のブログ活用法」に書いてある内容を実践すれば、こういう効果に結び付きにくい作業をする必要はなくなります。
 
 その証拠に、私はまったくそういうことをしていません。それでも、ブログをきちんとつくっていれば、生徒さんから自動的に連絡が来るようになるのです。
 
 今はたくさんの情報があふれている時です。インターネットが出現し、それが人々の生活を豊かにした面は確かにあります。しかしながら、同時に情報の洪水に溺れてしまう人が多くなった面も否めません。
 
 こういう時代にしっかりと実績を出していくためには、「何について無視を決め込むか?」は「何に関心を払うか?」と少なくとも同じくらい重要なのです。
 
 あなたは、情報の選択をしていますか?
 
 一度自らを振り返ってみましょう。そして、情報の断捨離を行ってみましょう。教室集客にとって本当に必要なことだけに集中しましょう。そして、今まで無駄な空費していた時間を最も大事なご家族・友人との時間に使ってください。
 
 私は、この塩釜プライベートティーチャーズ協会で提供しているものを通して、我々が情報の取捨をすることで、あなたにより多くの家族と過ごす時間を持ってもらいたいと考えています。
 
 個人の先生のもっとも大事なものは、家族だからです。家族を大事にするからこそ、生徒さんを大事にできる。私はそう考えています。
 
 
 ※「教室集客の為のブログ活用法」をまだお持ちでない方は・・・・・・下記からお申込いただけます。

教室集客の為のブログ活用法

迷わずに早く教室集客できるブログをつくりたい人は、下記のフォームからお申込下さい。
          
教室集客の為のブログ活用法
お名前
    
メールアドレス
    
  
 

 
↓ この記事へのコメント・質問はこちらから ↓