記事検索:


記事個別表示
 Re:アクセスを集める記事  鈴木貴之      2017/03/01 (水) 09:24      [返信]
おはようございます。
「入会キャンペーン」についてですね。

生徒数をあまり増やすことができない個人の先生は、「入会キャンペーン」をしなくてもいいというのが私の考えです。

大手のようにたくさんの生徒数がいないと赤字になるということは個人の教室では稀ですし、入会時期をある程度限定してしまう効果があるからです。

生徒さんから見て、ある特定の時期に入会した方が得だとなれば、それまで待ちたくなります。そして待っている間に忘れてしまいます。私としては、キャンペーンの効果よりも待たれることの方が嫌です。思い立ったが吉日。興味を持ったらすぐ入会してもらえる。いつ入会しても同じ。その方が生徒さんの為になると私は思います。

もちろん、通年キャンペーンなしで集客できる力があることが前提です。それがあればあえてキャンペーンをする必要はないでしょう。

私は入会当初こそキャンペーンをやりましたが、今は全く行っていません。それでも定員がほぼいっぱいです。あと4人しか受入れできません・・・。

あと、キャンペーンで入ってくる人は、全員ではありませんがキャンペーンがあったから来るという人が中にはいます。そういう人は先生の教室のことを理解して入ってきてくれているわけではないので(最重要記事を読んでいない)、ブログ経由で入ってきてくれた人と比べ、どうしても教室の方針や教え方に対する理解が少なくなります。

これもキャンペーンで生徒集客に否定的な理由のひとつです。

もちろん、これが必ずしも正解というわけではありません。しかし、考える際のヒントのひとつになってもらえたらと思います。


この度は当企画にご参加いただき誠にありがとうございました。90日間、本当にお疲れ様でした。

もしよろしければ、今回のプログラムを受けられたご感想を頂けましたら幸いです。

受ける前はこうだったが、受けた後はこうなったと具体的に教えて頂けましたら幸いです。

よろしくお願いいたします!
=メール  =ホームページ