記事検索:


記事個別表示
 Re:将来  鈴木貴之      2016/12/04 (日) 11:02      [返信]
ありがとうございます。
この場合のウリというのは、「それを聞いた人が教室のことをもっと知りたい!」と思ってもらえるもの、ということです。

だから、短く、簡潔でありながら読み手の心をぐっと惹きつけるものである必要があります。

その公式として、「誰が」「どうなる」と、話し言葉で20秒程度というものがあります。

色々伝えたいことはあると思うのですが、それは後で伝えるとして、まずは最初にグッととらえる必要があります。

ご理解いただけましたでしょうか?
=メール  =ホームページ