アメリカのテキサス州から学ぶ教室集客で大事なこと
 
 私の妻はアメリカのテキサス州出身です。
 
 彼女はことあるごとにテキサス出身であることを誇りに思っているようなことを口にします。
 
 「テキサスでは・・・・・・」
 
 というのが口癖です。でも、それが嫌味という感じではなく、本当に故郷のことを大事に思っているのだなあというのが伝わってきます。
 
 当初は、それは彼女だけなのかもしれないと思っていました。
 
 しかし、ここ塩釜に偶然、他のテキサス出身のアメリカ人で日本人の配偶者を得た方が住んでいて、彼女と友達になりました(地方としては非常にまれな確率です!)。
 
 そして話をしてみると・・・・・・。
 
 やっぱりテキサス自慢が出てくるのです。^^;
 
 テキサスというのは本当に愛されている州なのだなというのが分かりました。
 
 実際調べてみると、アメリカ各州の中で最も歌詞に名前を使われている州はどこかというと、テキサスなのです。
 
 また、アメリカのほとんどの州の人は他の州にできるなら移住したいと考えていますが、その率が最も低い州の一つがテキサスです。テキサスの人はテキサスが一番だと思っているので、他の州に行きたくはないのですね。
 
 また、こんな言葉もあります。
 
「WE’RE FROM TEXAS. YOU’RE NOT.(私たちはテキサス出身だが、君たちは違う)」
 
 これも、テキサス愛があふれる言葉です。
 
    教室集客とテキサスの関係
 
 では、この内容がどうして教室集客につながるのでしょう。
 
 感の良い読者さんはすでに気づいていらっしゃいますね?
 
 そうです。
 
 テキサスの住人が自分の所属している州を愛しているほどに、あなたの生徒さんがあなたの教室を愛するとしたら、あなたの教室集客はどれほど効果的に行われているでしょうか?
 
 テキサス人がテキサスのことを誇るように、あなたの教室の生徒さんがあなたの教室について誇るとしたら、あなたと生徒さんの間には非常に太い関係が築かれているということです。
 
 多くの先生が、教室集客というとテクニック的な感覚でとらえがちです。
 
 どうやれば「もっとチラシの効率を上げられるか?」または「どうやったらインターネットから”無料で”集客できるか?」など、重要度が低いことから考えてしまいがちです。
 
 でも、そこは重要じゃないのです。
 
 それよりももっと大事なのは、「あなたは生徒さんと太い絆を築ける集客をしているのかどうか?」ということです。
 
 あなたは、そういう集客ができていますか?
 
 この記事へのコメント・質問はこちらから 
 
 
 もし、あなたが「そうは言われてもどうやればいいか分からない・・・」と頭を抱えているのでしたら、当協会のテキストのひとつ、「理想の生徒の集め方」がお役に立つかもしれません。
 
 この本の中には「テキサスの住人のように愛される教室をつくる秘密」が書かれています。
 
 下記から無料でお受け取りいただけますので、今すぐお申込ください。
 
  

          
無料で電子書籍を手にれる
お名前
    
メールアドレス