体験レッスン時のアンケートで入会率が変わる。
 
 何度も強調していますが、どれだけしてもし足りないのが、下記の3ステップを理解することです。
 
1.理想のお客様に教室の存在を知ってもらう。
           ↓ ↓ ↓
2.理想のお客様に(体験レッスンの前に)自分のことを深く理解してもらう。
           ↓ ↓ ↓
3.体験レッスン時に「ここは私の為の教室だ」と実感してもらう。
 
 全てのステップが重要ですが、ステップ3はとりわけ重要です。
 
 例えば、10人に体験レッスンに来てもらったとします。入会率が50%の場合は、5人入会となります。
 
 月謝が仮に7000円だとすると、一年で420000円です。
 
 では、この入会率が20%向上したとします。
 
 その場合、7人入会ということになりますので、月謝7000円で一年で588000円で、上記との差額は168000円となります。
 
 逆に、入会率が30%しかない場合は、3人しか入会しませんので252000円となり、50%の入会率だった場合との差額はやはり168000円です。
 
 もし一人の生徒さんの平均的な通学年数が5年だとすると、840000円の差となります。
 
 つまり、せっかく体験レッスンに来ていただいても、入会率が低ければ低いほど本来得られる立ったはずの売上がなくなってしまうということです。
 
 この恐ろしいところはあなたに明確に見える損失ではないということです。
 
 入会率が低くても、「自分の教室の良さを理解してくれる人が少ない」などと思っていたら、本来得られるはずだった売上があなたの手の中から滑り落ちていっていることと同じです。
 
 そして、その方は本来であればあなたの教室に通いしっかりとあなたが教えているものをものにしていたはずなのに、それができなくなってしまうのです。
 
 それって、悲しくないですか?
 
    体験レッスン時のアンケートで聞くべき内容
 
 まず他の何をおいても聞かなければならないのは、生徒さんの名前と住所、その他の連絡先です。これがなければ、その場で入会とならなかった場合、フォローアップのしようがありません(そして、教室の内容にもよりますが、その場で入会となるのはまれです)。
 
 もしあなたがそれらを訊かなかった場合、その後は運を天に任せるしかありません。このようなやり方をしていては、あなたの教室はいつまでも発展しません。
 
 そしてその他に聞かなければならないこととは、「なぜ」あなたの教室にその方が体験レッスンに来られたのかという理由です。

 もちろん、単刀直入に聞く手もあるのですが、実は見込生徒さん自身も「なぜ?」が分かっていないことが多々あります。効果的な質問をすることで、その「なぜ?」を探ることができます。

 そこで、私の英会話スクールの体験レッスン時に聞いているアンケートを一つ一つあげながら、その質問をしている理由を説明したいと思います。

    具体的なアンケート内容
 
 では具体的なアンケート内容を見ていきましょう。

「どのようにして当教室をお知りになりましたか?」

 この質問は、あなたの教室の存在をどういう経路で知ったのかということを知る為に行います。

 チラシだったのか、広告だったのか、ホームページだったのか。

 それを知ることで、あなたの教室にとって有効な集客経路が分かります。

 ここで注意しなければならないのは、ホームページが多く、チラシが少なかった場合です。

 多くの人が勘違いするのは、「チラシは効果がない」と言って辞めてしまうことです。ですが、これは間違っています。

 数は少ないとしてもチラシから集まっているのであれば、継続すべきです。チラシからしか反応がない方もいるからです。こういう方は、ホームページだけで集客している場合、取りこぼしてしまいます。

 せっかくあなたの素晴らしい教室に出会えるはずだったのに、そのチャンスをあなたが自ら摘んでしまうのはもったいないのではないでしょうか。

 基本的に、反応が0以外の広告は続けるべきです。

 次の質問です。

「どのようなところが気になって(気に入って)ご来校されましたでしょうか?」

 この質問から浮かび上がってくるのは、あなたの教室について体験レッスンに来られた方が持っている印象です。

 もし、この質問への回答がてんでバラバラであったならば要注意です。あなたの広告(ブログ、ホームページも含む)メッセージが統一されておらず、受け取り側が自由に解釈している可能性が高いからです。

 さらに、こういう場合は、あなた自身も自分の「ウリ」が何か分かっていない場合が多いのです。

 そうするとどうなるかというと、「こう思ったから先生の教室に来たのに、来てみたら全然違った」ということになります。これでは入会率がぐんと下がってしまいます。

 あなたが発するメッセージは、どの媒体から出すとしても、すべて統一されていなければなりません。そうでなければ、見込生徒さんはあなたの教室を誤解し、それがゆえに体験レッスンまで来てくれたのに最終的には入会につながらなくなってしまいます。

「今までに英語の学習はされたことがございますか?」
 
 学習歴を知ることで、その方の大体のレベルが分かります。
 
「あなたが当教室に期待されていることは何ですか?」
 
 この質問は見込生徒さんとあなたとの間で誤解が生まれないようにするためのものです。
 
 そして、この質問への回答があなたの考えている教室の方向性と違う場合は、はっきりとお断りすることも必要です。ここがミスマッチングを起こしている場合、たとえ入会が決まったとしても将来必ず行き違いとなります。
 
 私の英会話スクールの場合、中学・高校の授業の為の英語を学びたいという目的で来られた方はお断りしています。なぜなら、それが目的であれば学習塾に行った方がいいからです。
 
「お子様の将来の夢は何ですか?」
 
 この質問への答えと今までの質問への答えを含め、アンケート後の親御さんへの説明をカスタマイズします。
 
 体験レッスン時のご案内・説明は基本的に誰が来ても同じです。
 
 でも、全ての人に同じように話をすると、説得力があるように聞こえません。「あ、この人は私のことを言っている」と思ってもらう為には、個々の見込生徒さんに合った内容で話をすることがとても重要です。
 
 体験レッスン時のアンケート一つを持ってもこれだけのノウハウがあります。
 
 これらを一人で自分に合った形に作っていくのは大変です。
 
 会員になると受け取るニュースレターで学んでいくか、ないしはコンサルティングを受ける大きな利点は、私と同じような1からの苦労をしなくても良いということです。
 
 スピードを重視する方は、ぜひ一度ご検討ください。
 
 この記事へのコメント・質問はこちらから 
 
【PR】
会長である私が運営している英会話教室の体験レッスン時にお願いしているアンケート用紙をお買い求めいただけます(ダウンロード販売)。Wordファイルで保存されていますので、すぐに自分用にアレンジしてお使いいただけます。今すぐ「カゴにいれる」をクリック!
商品コード:Document001
商品名:アンケート用紙(ダウンロード販売)
価格:1080円
在庫数:在庫あり
 
 
同じカテゴリの他の記事:クロージングできる教室環境づくり①「写真の活用方法」
同じカテゴリの他の記事:教室紹介の為の台本がない教室は、運任せ。