教室集客に効果的なニュースレターをつくる前に
 
 前回までの記事で「8つのニュースレター活用法」をお伝えしてきました。
 
 「教室のニュースレターがあると、それをどのように活用できるのか?」という疑問への答えを8つお話ししてきました。それらをお読みいただくことで、ニュースレターが持つ教室集客に対する力、そして生徒さんに継続的に来てもらう為にとても有効な手法であることをご理解いただけたと思います。
 
 次に、この記事ではニュースレターを実際つくる前に、重要な「考え方」についてお伝えしたいと思います。
 
 ニュースレターがいかに効果的だとしても、ただ適当に作ればいいというものではありません。キチンとした「考え方」に基づいて作らないと、作ったとしても効果が出ません。その為、せっかく初めても作ることを辞めてしまう先生もいるのです。
 
 作成を始める前に教室集客に効果的なニュースレターを作成するための「考え方」を知ることで、それを発行する目的を果たすことができるものをつくれるようになります。
 
 「考え方」を知らないでニュースレターを作成することは、行ってしまえば家を建てる知識がないのに自分でそれをつくるようなものです。最初はうまくできたと思っても、後でちょっとしたきっかけで屋根が落ちてきて、下敷きになってしまうこともあるでしょう。
 
 とても重要な記事ですので、じっくりと目を通してください。
 
    ニュースレターを作成する際に最も重要な3つのこと
 
 毎号苦労してニュースレターをつくる人と、カンタンにぱっぱっと作れる人がいます。
 
 しかも、苦労して作っているからと言ってそのニュースレターの方がカンタンにつくってしまう人のニュースレターよりも優れているかというと、必ずしもそうではありません。むしろ、カンタンにつくってしまう人の方が良い結果を出している場合が多いのです。
 
 では、その差がどこから来るかというと、「誰に読んでもらう為のニュースレターなのか?」を初めにしっかりと設定しているかどうかです。
 
 あなたがニュースレターを届ける相手が誰であるか?
 
 男性か? 女性か?
 
 年齢層はどのあたりか?
 
 その人たちはどういうことに興味を持っているのか?
 
 そうなのです。ニュースレターを作成する際に最も重要なことのまず一つ目は、「想定読者を決定すること」です。
 
 「誰に読んでほしいのか?」がはっきりしていないニュースレターでは、誰の心も捉えることができません。紙面に掲載する情報の内容や、言葉遣い、選ぶ言葉、言い回し、写真、そういったものすべてがあいまいになります。
 
 あいまいでは反応の出るニュースレターをつくることはできないのです。
 
 ニュースレターを作成する際に最も重要なことの二つ目は、「目的を設定すること」です。
 
 ニュースレターを出すことで、どういう結果を出したいのか? その目的を明確に設定することです。
 
 これは他のどの教室集客にも言えることですが、目的がないまま行動をすると結果に対して深く考えることができません。例えば、何かに広告を出す場合も、「たまたまミニコミ誌の社員が営業に来たから」とか、「付き合いで」出した場合は、そもそも目的が明確ではありませんので、目的に対する結果について考えることがありません。
 
 ニュースレターも「教室集客」に活かそうというのであれば、その出す目的をはっきりと定めなければならないのです。
 
 目的をしっかりと定めたうえで、(その目的を達成する為に)どういう記事を掲載するのか、ひとつひとつの記事をどの程度の長さにするのかを考えたり、記事そのものの流れを考えていかなければならないのです。
 
 三つ目の重要なこととは、「つまらないニュースレターにしない」ということです。
 
 真面目な先生であればあるほど、この罠にはまります。
 
 例えば、同じ活字だとしても、自分が好きな小説はどんどん読めて、時が経つのも忘れてしまうほどなのに、大学の教授が書いたような難しい文献は2ページ読んだだけで強烈な眠気が襲ってくるということを体験したことがあるでしょう。
 
 たとえ強烈な眠気が襲ってきたとしても読まなければならないものであれば無理にしても読みますが、あなたのニュースレターは「無理して読むもの」ではありません。その為、「読んでいて面白い」という要素がとても重要なのです。
 
 「為になる内容を書こう」と意識すればするほど、文章は固くなり、読みにくくなります(私も常に自戒しています)。ニュースレターで自分が望む結果を出したい場合、それを「読んでもらう」ことがとても大切です。
 
 「読まれないニュースレター」で「結果を出す」ことは不可能だからです。
 
 全ての広告は、読まれるからこそ読んだ人が行動を起こせます。読まない人がそこに書かれてある内容を実行することはありません。「読まれる」ということは、結果を得るために絶対的に必要なことであり、「つまらない」というのはそれを妨げる最も大きな敵なのです。
 
 最後に、ニュースレターを作成する際に最も重要な3つのことをまとめます。
 
① ニュースレターの想定読者を決定すること
 
② ニュースレターを発行する目的を決めること
 
③ つまらないニュースレターにしないこと
 
 もしすでにあなたがニュースレターを発行している場合は、これらの3つの点について見直ししてみてください。
 
 そしてまだ発行していなければ、そうする前にこの3点について頭の中に叩き込んで下さい。
 
 優れたニュースレターは教室集客の大きな助けになります。
 
 あなたがニュースレターをつくったら、ぜひ見せてくださいね!
 
 
次は「教室集客に効果的なニュースレターのデザインについて」です。
 
 
↓ この記事へのコメント・質問はこちらから ↓