クロージングできる教室環境づくり①「写真の活用方法」
 
 以前に書いた記事「教室集客の為のブログ活用法10「日々の記事に何を書くべきか?③」では、教室で活動している生徒さんの写真を日々のブログ記事として見せることで、興味を持っている方にその雰囲気を伝えられるというお話をしました。
 
 この内容について、もう一度この協会の集客法の原点である3ステップに戻って考えてみましょう。
 
    【教室集客の為の3ステップ】
 
1.理想のお客様に教室の存在を知ってもらう。
           ↓ ↓ ↓
2.理想のお客様に(体験レッスンの前に)自分のことを深く理解してもらう。
           ↓ ↓ ↓
3.体験レッスン時に「ここは私の為の教室だ」と実感してもらう。
 
 改めてこの3ステップを見直してみると、ブログの日々の記事で写真を活用するやり方は、ステップ2の部分であることが理解できると思います。
 
 ブログという媒体で教室の存在を知ってもらった後で、あなたの教室のことを深く理解してもらう一環としての写真活用です。
 
 この記事では、同じ写真をその後のステップ3で活用する方法をお伝えします(つまり、一回撮れば二度おいしい!ということです。^^)。
 
    写真はこうやって活用しよう!
  
 ブログ用に撮った写真をためておいて、ある程度数がたまったら現像しましょう。
 
 もし、あなたが生徒さんのプライバシーを考えブログ用には後ろ姿しか撮っていないのであれば、今回の方法はオンラインで広がることはありませんので、安心して表からとった写真も現像して下さい。
 
 では、現像してきた写真をどうすれば良いのでしょう?
 
 答えは簡単です。
 
 こんな感じで、壁に貼り付けてください。
 
 
 
 上の2枚は私が運営している英会話教室の壁に掛けられている写真です。
 
 体験レッスンに来られた親御さんの目がまずいくのは、この壁です。
 
 また、時々教室の中に入ってこられる親御さんがまず見たいと思うのは、やっぱりこの壁なのです。
 
    なぜ、クロージングに効果があるのか?
 
 クロージングとは、体験レッスンに来ていただいた方に教室の案内をして、そして入会をしてもらう為の行動のことを指します。
 
 あなたの教室に生徒さんが入るかどうかの極めて重要な部分です。
 
 しかしながら、多くの先生が苦手な部分がここです。あなたの教室が他より優れていると確信があるのであれば、きちんとクロージングをして入会を決めてもらうことが、何より生徒さんの為です。
 
 でも、押し売りをしているような感じを先生が持ってしまい、これがしっかりできていない先生が本当に多いのです。
 
 だからこそ、はっきりとクロージングできない先生であればあるほど、環境自体がクロージングできるようにつくり込まないといけないのです。
 
 ではなぜ、ただ単に壁に写真を貼るだけでクロージングの助けになるのでしょうか?
 
 それは、人気(ひとけ)の効果が出る為です。
 
 世の中のほとんどの方は、失敗したくないと考えています。
 
 だからこそ、人気のあるお店は行列ができますし、人気のないお店は誰もいないのです。
 
 もしあなたが歯医者や接骨院に行った時、あなたの他に誰もお客さんがいなかった場合、どう思いますか?
 
 「人気のないところだ」と思いませんか? そして、たとえその施術内容が良かったとしても、そこには二度と戻らないのではないでしょうか?
 
 人気のない所に行っているなんて、何の自慢にもなりません。
 
 あなたは行列のできるレストランに行きたいですか? それともいつも誰もいないレストランに行きたいですか?
 
 答えは明白です。
 
 そう考えると、人気(ひとけ)があるかどうかはお店にとってとても重要であり、それは教室にとっても同じです。
 
 ですが、教室では人気(ひとけ)を出すために在籍中の生徒さんを体験レッスン時に一度に集めることはできません。また、「うちは○○人の生徒さんに来てもらっています」と先生であるあなたが言っても、話半分に聞かれるでしょう。
 
 しかし、もし教室の壁にたくさんの生徒さんの写真が貼ってあったら・・・・・・。
 
 それを見るだけで、インパクトがあります。
 
 そして、あなたが何も言わなくても、「人気のある教室なんだな」と自然に思ってもらえます。
 
 もし、見込生徒さんが他にもいくつか体験レッスンを受けているとしたら、一番人気のある場所に入りたいと思うでしょう。
 
 今日は、写真をたくさん教室の壁に貼ることが入会決定に大きな影響を与えるというお話をしました。
 
 
今回の記事以上の内容をメルマガでお伝えしています。ご希望の方はこちらからどうぞ
 
同じカテゴリの他の記事:体験レッスン時のアンケートで入会率が変わる。
 
 
 この記事へのコメント・質問はこちらから