専門家として認識される為のブログ記事の書き方②
 
 現在、我々が提供している教材・サービスの中に、 「教室集客の為のブログ活用法」と「90日間教室集客ブログ作成プログラム」というものがあります。
 
※ 「教室集客の為のブログ活用法」は、下記のフォームから無料でお申込いただけます。
          
教室集客の為のブログ活用法
お名前
    
メールアドレス
    
  
 
 前回ブログの読者にブログ執筆者が「専門家」として認識されるような記事を、7つに分類してみました。
 
 今回はその一つ目の(1) 読者の役に立つ記事の書き方をご紹介したいと思います。
 

ハウツー記事

 読者が何か困っていることがある時、それを解決できる内容を記事にします。 

 例えば、私がこの電子書籍をつくる際に困ったことは、「Word2010で目次をつくる方法が分からない」ということでした。

 そこでGoogleで「Word2010 目次」と検索して出てきたのが下記のサイトです。

 

 

 

 

 

 

http://www.wanichan.com/pc/word/2010/08/07.html

 ぜひ上記のサイトに訪れてみてください。ハウツー記事をどのように書けばいいのかという見本となります。

 この方は文章と写真を使って効果的に説明しています。この記事を読むとすぐに実践できます(実際、電子書籍の初めの方に目次がついていましたよね?)。

 そして、そういう記事があればあるほど、「この人はこの分野の専門家だ」と読者は思うでしょう。

 ハウツー記事は、専門家と読者に思ってもらえるのにとても役に立つ記事の書き方です。

 

【PR】 専門家と認識される為のブログ記事の書き方が33個紹介されている電子書籍です。今だけ無料で手に入れて頂けます。

          
ブログ記事大百科
お名前
    
メールアドレス
    
  

 

↓ この記事へのコメント・質問はこちらから ↓