教室集客の為のブログ活用法01「なぜブログなのか?」
 
 このシリーズ記事では教室集客の為のブログ活用法についてお話をしていきます。
 
 まず一番初めに、「なぜブログなのか?」ということについて考えてみたいと思います。
 
    教室に生徒が集まらない最も大きな理由。
 
 まず初めに、もしあなたの教室にあなたが思うほど生徒さんが集まっていない場合、何が問題なのでしょうか?
 
 あなたの教えるスキルが足りていない?
 
 いえいえ、問題はもっと単純なところにあります。
 
 これは教室を開いたばかりの人であればより当てはまるのですが、ずっと続けている人にも当てはまります。
 
 では、その答えとは・・・・・・。
 
 あなたの教室のことを知らない人が多いからです。
 
 「え?」と思いますよね。あなたが広告を出していればいるほど、そして一生懸命集客する努力をしていればいるほど、あなたの教室のことを知らない人が地元にいるなんて信じられない、とあなたは思うでしょう。
 
 しかし、実際はどれくらいの人があなたの教室のことを知っていますか?
 
 以外に知られていないのではないでしょうか?
 
 もし、あなたが「なぜあのライバルの教室にばかり生徒さんが集まり、こちらには来ないのだろう?」と思っているとしたら、まず疑ってみるのはここです。
 
「ライバルのあの教室と比べ、私の教室のことを知っている人はどれくらいいるのだろう?」
 
    認知度の重要性。
 
 もし誰かが子供をピアノを習わせようと思った場合。
 
 その人の頭の中にあなたの教室の名前が入っていたら、選ばれる可能性は高いでしょう。
 
 特にあなたの教室についてポジティブなイメージを持っていたら、まずはあなたのところに体験レッスンを申し込んでくるはずです。
 
 そして、良ければそのまま入会してくれるでしょう。ここに他の教室が入り込む余地はありません。
 
 あなたがこの立場にいれば、生徒さんを集める時に非常に有利です。
 
 でももし、あなたが逆の立場、「他の教室が入り込む余地がありません」の方の立場であれば・・・・・・。
 
 生徒さんを集めるのは非常に難しくなるでしょう。
 
 でももし、ピアノ教室を探している人の頭の中に、あなたの教室の名前も入っていれば、あなたにもチャンスはあります。
 
 つまり、ここで言いたいことは、スクールを探している人の頭の中にあなたの名前がなければ、検討もしてくれないということです。
 
 あなたは自分のことを知ってもらわないといけないのです。それが生徒集客の最初の一歩です。
 
    教室を探す方法とブログとの関係。
 
 教室を探している人の頭の中にあなたの教室が存在する重要性はご理解いただけたと思います。
 
 では、教室を探している人はどういう風に探すでしょうか?
 
 まず、知り合いの人に聞く、というのが挙げられます。
 
「娘のためにピアノ教室を探しているんだ」
 
 そう誰かに話した時に、話をされた方にもし良いピアノ教室の知識がなければ、その人は提案することができません。
 
 その人自身、または子供がピアノ教室に通っていれば、その教室について話をするでしょう。
 
 しかしながら、もしその人がブログをやっていて、ブログ仲間にあなたがいたとしたら?
 
 その人はあなたの教室を紹介するでしょう。
 
 ブログを行うのは、あなたの教室のある地域の人とつながるきっかけになります。
 
 ブログをやっている人同士、ブログで交流するのは自然だからです。
 
 そういう知り合いを地域で増やしていくことができる。
 
 それがブログを行う理由の一つです。
 
 しかしながら、ピアノ教室を探している人に相談相手がいなかった場合、今の世の中ならどうするでしょうか?
 
 そうです。ネットで検索しますね。
 
 その検索結果にあなたがいなかったらどうなるでしょうか?
 
 ネット上であなたのことを知ってもらう機会がありません。
 
 先ほども言いましたが、あなたのことを知らない人があなたに問い合わせをすることはありません。
 
 あなたはそこに存在しないといけないのです。
 
    ブログを教室集客に活かす利点。
 
 もちろん、ホームページでもいいでしょう。
 
 しかしながら、ホームページは初期費用が掛かる場合が多く、メンテナンスにもお金が掛ります。
 
 そう考えると、素人でも気軽にできるのがブログです。
 
 そしてブログでも、しっかりと作りこめば検索結果の1ページ目に表示されることは可能です。
 
 きちんと教室に集客できるブログにしておけば、ブログを定期的に更新するだけで生徒さんを集めることは十分可能です。
 
 これから、その方法について詳しくお伝えしていきたいと思います。

教室集客の為のブログ活用法02「ブログを作成する前にしなければならないこと」はこちらから。