「招待された友人」になる3つのキーワード
 
 
 最近、ブログで「教室主客において「少ないこと」が「より大きな結果」につながる時」という記事を書きました。
 
 例えば、メールを集客に活用している時、メールの反応率が落ちてきた時に考えるべきことは、反応率が下がったのでその母数(メールを送る対象の数)を増やそうというのは間違えだという話でした。なぜなら、それを追求していくとスパムになってしまうことが多いからです。
 
 そういう時にすべきことは、受け取り手から「○○先生からメールが届いた! やったー!」と言ってもらえるようになりましょうということでした(こういう風に思ってもらえる人のことを、「招待された友人」と呼んでいます)。
 
 しかし、ここで皆さんには疑問が湧いてくると思います。
 
「どうやったらそう思ってもらえるんだろう?」
 
 当然の疑問ですね。
 
 この記事では、その質問への回答である「「招待された友人」になる3つのキーワード」を紹介したいと思います。
 
 
    キーワード① 面白い文章を書く
  
 
 教室集客においてもっとも大きな過ちは、「つまらないこと」です。人は、つまらないと思ったものには目を向けることはありません。心がシャットダウンしてしまうんですね。
 
 だから、学校の先生が書いているような硬い文章は辞めましょう。学校の場合は義務教育ですのでそれでも一応読まれるでしょうが、一般の教室の場合は内容がつまらなければ読まれません。
 
 しかも、教室メルマガをやっている場合、注意が必要です。メールは無料(ないしは低額)で出せますので、あまり考えずに書いて出してしまう人が多いのです。
 
 読み手から見ると、つまらないメールが3回来たらおしまいです。次以降は読みたいと思わなくなるでしょう。
 
 
    キーワード② 関係性のあるメールを書く
 
 
 キーワード①について深く考えていくと気づかされることがあります。それは、文章として面白いというのも大事なのですが、それと同じくらい、時にはそれ以上に大事なのは「読み手と内容が関係あるかどうか」ということです。
 
 スパムメールがダメだというのは、ここがまったくマッチしていないからです。自分に関係ないメールが送られて来たら、しかも無許可で来たら、だれもが「ムッ」とするでしょう。
 
 逆の言い方をすれば、たとえスパムメールだとしても、それがあなたの興味のあること、考えていたこととマッチしていたら、あなたは内容を読んでしまうでしょう。
 
 つまり、読み手と関係性のないことは極力書かないことが重要です。あなたが食べたランチなんて、誰も気にしません。そういう情報は要らないだけではなく、それがメインだった場合、あなたの集客力に大きな影響を及ぼすでしょう。
 
 だから、適当に手あたり次第知っているメルアドを入れているリストは危険です。興味も関心もごちゃまぜの人がいるリストにメールを出したらどういう結果になるのか火を見るよりも明らかです。
 
 
    キーワード③ 招かれるようになる
 
 
 受け取り手にとって、あなたとの関係はどういうものでしょうか? あなたからの連絡が待ち遠しい。あなたに興味がある。そういう状態でしょうか?
 
 それとも、何も関心がない状態?
 
 それとも、一回くらいは無視しても良いと思っている? 飽きられていたり、興味がなくなってしまっている? 
 
 あなたは受け取り手に好かれていますか? 信頼されていますか? 本物だと思われていますか? それとも「つくりもの」だと思われている?
 
 読み手(ないしは顧客)があなたにどんな感情を抱いているかは、結果を左右します。
 
 読み手から「招かれるようになる」ことを目指しましょう。
 
 
 これら3つのキーワードを意識していくことで、「少なく」ても「大きな」結果をえら得るようになっていきます。ぜひ、参考にしてくださいね。
 
 
↓ この記事へのコメント・質問はこちらから ↓